しあわせ生活

お散歩の道すがらや旅先で、ふとカメラを向けた小さなお花や何気ない風景、お寺や石仏など、しあわせ生活の種を紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

金環日食 おそるおそる、遅ればせのアップです☆

この月曜日の朝、6時に起きていそいそと準備をして見上げた空は曇り、、、、でも時々さっと日射しが明るく感じられるときもあったり、、、期待と不安を胸に東の空を見上げました。
手作りのピンホールカメラでかけ始めた太陽を投影してみました。
P1000650.jpg
金環日食の瞬間にはこの三日月型の明るい部分が丸く明るいリング状になるはず、、、、でしたが、曇り始めてしまい、まったく光が確認できず、、、残念。
そして反対向きの三日月型が見え始めました。
P1000657.jpg
何とか見えた金環もどき日食です。
次の18年後の北海道、行っちゃおかなぁ、、、、
P1000655.jpg
スポンサーサイト
  1. 2012/05/23(水) 21:30:04|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

京都寺町から六角通り 思いつくままに文具のお店

少し京都市内で時間がありましたので、ここぞとばかりに文具好きの私は、いそいそと健康サンダルを履いて歩きまわりました。
まずは東西線京都市役所前駅で降りて、寺町通りへ向かいました。
第一のお目当ては「田丸印房」です。ここはご主人オリジナルの印鑑がたくさんあって大好きなんです。それはそうなんですが、店内にはたくさんの根付があってとても魅力的でした。思わず買ってしまいそうになるのを必死に堪えました。
そして、六角通りの方向へ。
ここには「崇山堂はし本」という和文具、とくに鳥獣戯画がモチーフになった紙製品が素敵なお店があります。
うさぎモチーフの便箋、ポチ袋やミニカード、はがきがアラカルトのセットになったもの、風合いのいい封筒、ついつい買ってしまいます。
P1000627.jpg
そして、オリジナルネーム入れなどがお願いできる紙製品のお店「ROKKAKU」にも立ち寄りました。
実際に六角形がモチーフになった便箋として使える洋紙の製品や箔押しのはがきやカード、京都らしく五重塔や舞妓さんがモチーフになったすっきりとした風情のカードもありました。千鳥モチーフの便箋と箔押しの花柄カードを買いました。実家が文具店だった私は、その「せい」か「おかげ」か文具が大好きなんです。
いつか名前入りの便箋や封筒を使えるような段階(勝手にまだだなぁと自分で思っているんですが、、、)になったら、ぜひオーダーしてみたいです。
P1000632.jpg
  1. 2012/05/20(日) 18:26:18|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

金沢市内の茶屋街 東と西

昔のお茶屋さんの町並みが保存されています。
「志摩」というお茶屋さんは内部が詳しく見学できます。
東茶屋街にある操業110年を越える洋食屋さん「自由軒」です。
名物はオムライス。お醤油味のライスをふんわりと卵がつつんでいます。はっきりとした具のようなものは茶色の小さなかけらがあるくらいなのですが、これが何ともいい味わいなんです。
調理風景を見ていると、缶から何かの茶色のペースト状のものを取り出して、それをごはんと一緒に炒めていました。100年以上前にあった食材で出せるこの味はいったい???
合いびき肉を使っているらしいことはお店のホームページでわかったのですが、もう一度食べてもっともっと考えてみたい感じです。
P1000558.jpg
これは、オムライスのプレートランチです。
P1000553.jpg
西茶屋街にも行ってみました。
ここでのお目当てはこの甘納豆のお店「かわむら」です。
やさしいお味です。問題はついつい食べ過ぎてしまうことです。
P1000560.jpg
  1. 2012/05/17(木) 21:44:31|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

自生山那谷寺(なたでら)はまるでワンダーランド

松尾芭蕉ゆかりのお寺 真言宗別格本山那谷寺に行きました。
今回の度では松尾芭蕉の句にそこここで出会いました。
最初はインターチェンジにあった弟子の死を悼む句「「つかも動け我泣声は秋の風」。
悲しみで慟哭するその悲しみで墓石も動く、、、その悲しみの深さ。
そして、この那谷寺では「石山の石より白し秋の風」という句に出会いました。
 P1000470.jpg
きりりとしまった三重塔です。
意外に小ぶりなのですが、風格があります。大好きな風情です。
P1000512.jpg
本殿です。急な階段の上にあります。
P1000537.jpg
境内の奥には、思わず嘆息してしまう風景がありました。
ずっとずっとずっと眺めていました。
東山魁夷画伯ならどう描くのでしょうか?
また訪れて、この風景に浸りに来たいと思っています。苦しいときにも助けてくれそうな気がします。
P1000521.jpg
  1. 2012/05/16(水) 23:43:59|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

金沢、大好き!

金沢の街を歩いていると、歩道にこんな消火栓の蓋を発見。さすが金沢ですね。琴柱灯籠も力強い感じです。
P1000607.jpg
金沢カレーなるものにチャレンジ!
P1000609.jpg
ちょっと大人な味のカレーです。ごはんのサイズは小、中、大、特大の四種類。そしてとんかつ、エビフライ、ハンバーグ、コロッケ、納豆などトッピングもさまざま。これは小サイズのカツカレーです。是非、リピートしたい!
P1000608.jpg
  1. 2012/05/16(水) 21:47:56|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

赤レンガの石川四高記念館

金沢城公園と金沢21世紀美術館の間にあるのが、石川四高記念館です。この旅で3つめの赤レンガ建築です。
すっきりとしたバランスの良い立ち姿。いいですねぇ。
P1000614.jpg
一階と二階の窓の意匠の違いが印象的です。いつまで眺めていても飽きません。うふっ!
P1000611.jpg
  1. 2012/05/16(水) 21:24:23|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

快晴の金沢城公園

快晴の金沢城公園です。
このなまこ壁の建物は往時の兵器庫を再現したものです。菱櫓、五十間櫓です。
ヒノキ材で復元された内部は木の美しさにあふれていました。
P1000602.jpg
この日は北陸放送主催の金沢城リレーマラソンが行われていました。真剣に競うランナー、いろんな扮装をしたランナー、のぼりや病院で使う点滴棒を持ったり、着ぐるみ、さまざまなキャラクターになって、手を振って声援に応えながら走るランナー、本当に楽しそうでしたよ。
P1000597.jpg
金沢城は様々な石組みがみられる「石組みの博物館」のようだと言われているそうです。
これは石川門という兼六園よりにある門を入ってすぐのところにある石組みです。きれい・・・
P1000596.jpg
こんなワイルドな石組みもあります。
P1000563.jpg
  1. 2012/05/16(水) 21:18:21|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

入善(にゅうぜん)下山(にざやま)芸術の森

またまたレンガ建築の名品です。
北陸電力「旧黒部川第二発電所」が取り壊しを免れて下山芸術の森として生まれ変わったそうです。富山県入善町にあります。興味深いのはこのすぐ隣にグッドデザインに選定された発電所があることです。
P1000416.jpg
発電所美術館は今は展示替えのため休館していました。開館しているときにはこの建物はカフェとして営業しています。
P1000406.jpg
カフェを発電所の下の方から見上げるとこんな感じです。普通の水力発電所だと水が落ちてくるのは山深かったりなかなか近づけないところっていうイメージがあったのですが、カフェのあたりは普通の田園風景が広がってたのが不思議でした。この下に発電所が隠れているとはとても思えないような雰囲気なんです。
P1000403.jpg
これが、グッドデザイン賞に輝く北陸電力黒東発電所です。稼働中です。発電所としてはこの賞に輝くのは初めてのことだそうです。
P1000427.jpg
パーキング近くにあった謎の物体。もしかしてタイムマシンかしらん!?
P1000396.jpg
  1. 2012/05/14(月) 20:17:55|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

石川県立歴史博物館

 赤レンガ建築が気になっている今日この頃なのですが、思い切って金沢に行ってきました。まずは、石川県立歴史博物館です。
 兼六園からほど近い立地なのですが、これまでなかなか訪れることがありませんでした。
 聞けば戦時中には兵器庫として使われていたとのことです。
P1000455.jpg
 時々雨もぱらついていたのですが、何とかこちらを拝見しているとは持ちこたえていました。泣き出しそうな空とはこのことなんだなぁというお天気でした。陽光に光るレンガにもまた会いに行きたい。
P1000451.jpg
  1. 2012/05/14(月) 00:09:54|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

近鉄奈良駅近くの冬青(そよご) 和風の喫茶です

近畿日本鉄道奈良駅(「鹿男あをによし」では地上駅として描かれていましたが実は地下駅)の東側の出口、行基像の噴水があるところからすぐの東向き商店街を入って、興福寺北円堂への通り道になっている坂道沿いにあるのが「そよご」です。
おぜんざいがおいしいお店です。この季節は小さいかき氷とひんやりとしたわらびもちのセットがおすすめです。
P1000281.jpg
テーブルに置かれたこんなちっちゃなオブジェもくつろがせてくれます。
P1000280.jpg
奈良新公会堂わきを抜けてどんどん歩いていくと春日原生林の入り口です。さらに進むと若草山の登山口にでます。
木漏れ日がきらきらして本当にうれしい。
P1000327.jpg
  1. 2012/05/07(月) 22:42:30|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

春日大社 藤は満開でした!

奈良・春日大社は不安定なお天気で、ざざーっと雨が降ったかと思えば、いきなりすぅっと止んだりしてました。
砂ずりの藤と呼ばれていましたが、今やすっかり短くなってしまいました。とはいえ、やはりボリューム感のある藤は見ごたえがありました。
P1000360.jpg
春日大社には、万葉植物園があります。万葉集に詠まれたさまざまな草木が植えられた植物園ですが、この時期は早咲きから遅咲きの藤が次々と咲くそうです。この白い藤は植物園の外の塀から見えました。白もすっきりと美しいですね。
P1000387.jpg
幹の周囲が5メートル近くあるケヤキです。この春日大社一帯で最も大きなケヤキだそうです。
幹の表面の苔が雨上がりに見ると余計にみずみずしくて、目をひきました。宝物殿の入り口近くにあります。
P1000381.jpg
  1. 2012/05/07(月) 22:32:27|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

miyumiyu1238

Author:miyumiyu1238
キーワードは「ハッピィ」かな。
しあわせ生活を求めて、カメラを片手にうろうろしています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。