しあわせ生活

お散歩の道すがらや旅先で、ふとカメラを向けた小さなお花や何気ない風景、お寺や石仏など、しあわせ生活の種を紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

来る福招福まねき猫まつり 於・伊勢市

 伊勢神宮の現代の門前町、おかげ横丁に行って来ました。
 毎年9月29日までの10日間、招き猫まつりが行われています。
 招き猫作家さんたちの作品展、そして、紙芝居や招き猫の真っ白の原型に絵付けができるコーナーもあります。
 この猫ちゃんは、おかげ横丁の中にある浪曲茶屋という浪曲がずっと流れているお店のまえに居ます。
 「もりわじん」さんという作家さんの作品です。この感じ、いいなぁ。
R1046889.jpg

 メインストリート、五十鈴川ぞいにある赤福のお店です。
 川の流れをあらわしたこしあんがお餅の上に乗せられた伊勢名物の和菓子が有名です。
 元日以外の毎月一日には「お朔日もち(おついたちもち)」が販売されます。それぞれの季節をあらわしたオリジナル和菓子は大人気で、明け方からお客様の列ができるとか。
 作りたてが食べられるのがここです。
 新人さんは、川の流れをあらわす餡が作れるように糠(ぬか)で何度も練習するそうです。 
R1046899.jpg

 これはお気に入りの豚捨(ぶたすて)の牛丼です。つゆだくが苦手な私が唯一食べられる牛丼です。
 このお店のコロッケもお勧めです。コロッケは食べ歩きもOK!
R1046896.jpg

 2時間かかって白招き猫(左手を上げている人を招いている猫ちゃんで、蝉丸という作家さん作の型でした)に絵付けをしました。発色のきれいなアクリル絵の具を使用しました。
 すっかりおしまいの時間になってお店を出たところで突然おみこしが登場!夕方5時半と日暮れが迫っていた上に動きが早くてこれが精一杯でした。ちょっと哀しい、、、
R1046912.jpg
スポンサーサイト
  1. 2010/09/28(火) 19:31:59|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

久しぶりの京都散策♪

ほんと、久しぶりの京都でした。
三条河原町の橋のたもとにあるこのおかきのお店、船はしやさん。
大好きなんですよ、ここのおかき。
母がここのおかき、特に激しく固いおかきが大好きなんです。看板も趣がありますね。
値段以外は大好きです!
R1046864.jpg

京極をぷらぷら。。。
刃物のお店、菊一文字でちょっとだけお買い物。憧れのお店です。
R1046867.jpg

賀茂川の夜の風景です。
夜の写真って難しいなぁ。
これが賀茂川の床なんですね。
河原に張り出した桟敷席で涼を楽しみます。
この裏っかわは先斗町の小さな路地で、お店はその通りから入ってこの床に出てきます。
入ったことはないんですけどね。
R1046879.jpg

その昔、京都で浪人生活をしていた頃、同級生と一緒にこの橋の上から河原に等間隔に並んでいるカップルを眺めたものでした。「いつかあそこにカップルで座ろう!」当時はアベックって言ってたかもしれません。
まだ、そのプランは実行できていませんが、今も昔も同じ風景です。写真の端っこにちょこっと写っていますが、見づらくてすみません。
R1046882.jpg
  1. 2010/09/28(火) 00:02:41|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ついに、行って来ました!会ってきました!pico_pin(ピコピン)さん!

 突然ですが、今日は京都に行って来ました。
 私がかねてから大ファンの京都のビーズアクセサリー作家さんのpico_pinさんが、てづくり市に出店されるのです。これは是非是非いかなきゃ、、、
 これまでは、どうしても時間が合わなくてお訪ねすることは叶わなかったのですが、ようやく今日はお店に行くことができました。
 地下鉄烏丸御池駅から歩いてすぐのところに新風館というお店の集合体?があります。
 R1046850_20100918220507.jpg
 ここがエントランスです。
R1046851.jpg
 中庭がゆったりとしたイベントスペースのようになっています。ここにテントがはられていて、お洋服やバッグ、文房具やカード、アクセサリー、パンやクッキーなども販売されています。
R1046854.jpg
 ここがピコピンさんのお店です。本当はこのテーブルの向こう側ににこにこ顔のピコピンさんがいらっしゃったのですが、、、、ちょっと恥ずかしいのでとのことで、フレームの外にいらっしゃいます。
R1046852.jpg
 この看板、かわいいですよね!
 私がピコピンさんの作品と出会ったのは東京の自由が丘のギャラリーでした。
 その「つぐをギャラリー」は青森の佐藤継雄氏の作品を紹介しているギャラリーです。そちらにお伺いしましたちょうどその時期に、企画展でピコピンさんの作品が展示されていました。
 これぞ一目ぼれ!でした。それから時々ですが、ネット上で(http://picopin.cart.fc2.com/)購入させていただいておりました。
 そして、ようやく今回、直接ご本人にもお目にかかれることができて、そしてまたもや素敵な作品にも出会えて、嬉しかったです。
 後からよく考えたら、お店にいらっしゃるからといって作家ご本人とは限らないのに、一目あった瞬間から「つぐをギャラリーさんで、、、」などと延々としゃべってしまいました。この方に違いないと信じて疑わず、、、、
 素敵な作品と、そしていろんなお話もありがとうございました。また次の機会を楽しみにしています☆
R1046853.jpg
  1. 2010/09/18(土) 22:50:10|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

もしかしてその当時の薬師寺はこんな感じだったのかな?

shinさんのコメントに触発されて、モノクロの薬師寺東塔をアップしたくなりました。
中学生のshinさんの思い出は、頭の中でこんな感じに、変化しているのでしょうか?
R1046787.jpg
  1. 2010/09/18(土) 22:08:43|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

今年の薬師寺は・・・

遷都1300年祭の奈良ですが、その催し会場から南下したところに薬師寺があります。
そのパーキング近くにアムリットというスペースがオープンしました。
カフェあり、ショップあり、レストランあり、ギャラリースペースあり。楽しめます。
R1046771.jpg

本堂上の鴟尾(しび)は、お隣の唐招提寺と違ってシャープなイメージです。
R1046782.jpg

東塔前にある燈篭です。この繊細なすかし文様がいいですよね。本当に暑い日でしたが、この美しさにうっとり・・・
R1046784.jpg

そしていよいよこれがこの秋から10年の解体修理に入る東塔です。
創建当時から残っているこの塔は老朽化が激しく修理することになったそうですが、この裳階を持った三重塔の立ち姿はとにかく美しいです。重厚感と繊細さがいいなぁ、、と思います。
R1046781.jpg

二つの塔と金堂、そろってみられるのはあと少し。何度でも訪れたいお寺です。
また、写経にも行ってみたいな。
R1046794.jpg
  1. 2010/09/13(月) 20:48:55|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

8月31日 甲子園に帰ってきた阪神タイガース

知人の阪神ファンに勢いに巻き込まれて、、、、行って来ました新生甲子園球場。
道頓堀に落っこちたのとは違うのですが、ケンタッキーおじさんも見守ってくれています。
R1046729.jpg
三塁側であることなんかおかまいなし。甲子園のスタンドの95%は阪神ファンでした。
「三塁側やったら阪神の応援がよく見えていいよ」「まさか?」
しかしそのまさかでした。スタンドの98%は阪神ファンに見えました。相手チームは圧迫感あるだろうなぁと気の毒になるくらいでした。
R1046731.jpg
4番の新井選手のホームラン。こんな電光掲示が盛り上げます。
R1046749.jpg
7回裏の阪神の攻撃のときにあがるジェット風船です。近くで見ると大きいです!
R1046755.jpg
  1. 2010/09/07(火) 23:45:59|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

高原の朝のお散歩

斑尾高原にも足を伸ばしました。
エアコンのないペンションがちょっと不安でしたが、さすが高原のペンションです。
朝、お散歩に出たときなど半袖ではちょっとひんやりするくらいでした。
お散歩の途中で出会ったお花です。やっほ~!
R1046705.jpg
R1046712.jpg
  1. 2010/09/04(土) 22:15:19|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アートな長野を楽しむ♪

 小布施に行きました。
 葛飾北斎の肉筆画の展示館がある小布施です。
 90年あまりの一生の間に90回以上転居したという北斎が、3年近くも長逗留したというのが小布施だそうです。
 しかも80歳くらいに東京から200kmの道のりを旅して小布施に来たというのですから、驚きでした。
 北斎は風景画だけでなく静物画、花鳥画も絶品です。
 薄紙がかかった半分に切られた西瓜、新巻鮭の切り口、その描写力はあまりにもすごい!
R1046677.jpg

 斑尾高原に向かう道すがら、飯山市内を通りました。
 そこでみかけた小さな「高橋まゆみ人形館」の文字に惹かれて行って来ました。
昭和の生活、農家のおじんちゃん、おばあちゃん、子供たち、チンドン屋さん、思わず見入ってしまう人形たちでした。なんとご本人が館内におられて、小柄で、控え目な雰囲気の方でしたが、輝く笑顔が素敵でした。
 今年春に開館したばかりだそうです。こじんまりとした展示館ですが、是非また訪ねたい場所になりました。
R1046691.jpg
  1. 2010/09/04(土) 22:11:52|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

安曇野の夏

長野県、そろそろ涼しくなっているはず、、、、なんて思って計画したのですが、やはり暑かった!
私の住んでいる奈良と同じ盆地で、標高の高い高原に行かないといくら長野県でもやっぱり暑いのです。

でも、楽しんできました。
JR大糸線で穂高駅に降り立つと、まずは駅前の観光案内所に行きました。
とってもこじんまりとしているのですが、ここの担当の女性がなんともすばらしい案内ぶり。
こちらのニーズをつかんでくれる達人っていう感じでした。

レンタカーでまずは安曇野ちひろ美術館へ。
東京のちひろ美術館とは全く違う風情です。
こんな広い前庭があって、小川が流れていて、池もありました。こうして石のオブジェも配されています。
R1046648.jpg
R1046651.jpg

穂高駅近くに取って返して、碌山美術館へ。
中村屋サロンに集った人たちの作品を集めた展覧会が行われていました。
R1046670.jpg
夕方の日差しが似合う美術館です。
敷地内に点在する建物がそれぞれ風情が異なっているのが印象的です。
建物そのものだけでも鑑賞の価値がある美術館です。
R1046669.jpg
  1. 2010/09/03(金) 01:26:45|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

プロフィール

miyumiyu1238

Author:miyumiyu1238
キーワードは「ハッピィ」かな。
しあわせ生活を求めて、カメラを片手にうろうろしています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。