しあわせ生活

お散歩の道すがらや旅先で、ふとカメラを向けた小さなお花や何気ない風景、お寺や石仏など、しあわせ生活の種を紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

雨上がりの松柏美術館

 久しぶりの松柏美術館です。
 展示室内には下絵と完成した本画、写生の数々、岩絵の具、縮図帳が見られます。
 縮図帳は、上村松園が40年以上も手元に置いていたものだそうで、写生と縮小した模写などが入り混じったものになっています。火事にでもなれば、これをまず風呂敷に入れると松園は書いています。
080828-1.jpg

 エントランスを入っていくと右手に大渕池、枝ぶりの美しい松、そして左手には華やかな花々たち。
080828-2.jpg

 小さな水滴がきらきらしています。
080828-3.jpg
080828-4.jpg
080828-5.jpg
 
 これは芙蓉の花なのかしらん?
080828-6.jpg

スポンサーサイト
  1. 2008/08/28(木) 16:48:38|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

インドネシア更紗にうっとり!

 今回は、ぷらぷらと京都へ。
 岡崎公園のはじっこあたりにある細見美術館に行きました。
 京都駅前のバス乗り場D2から206系統のバスで約30分で東山二条へ、そこから歩いて数分で、到着します。
 昨年から各地で行われていたインドネシアとの国交50周年記念の展覧会です。
080827-1.jpg

 9月15日までです。このあとは東京の大倉集古館に巡回して国内展示は終了です。
080827-2.jpg

 美術館は一階スペースと、地下一階、二階に分かれています。地下二階スペースにカフェがあります。ぎりぎり夕方5時過ぎの到着で美術館に行ったので、今回「も」時間切れでカフェでゆっくりすることは出来ませんでしたが、次回こそ!
 細見美術館は美術館にしては珍しく18時まで開館しています。
080827-4.jpg

 京都駅までもどってきたら、何だか京都タワーが「撮って!」といってるように思えてしまって、パチリ。
080827-5.jpg
  1. 2008/08/28(木) 13:10:47|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

湖畔なぎさ公園

 琵琶湖湖畔にこんなひまわりいっぱいの公園があります。
 琵琶湖まですぐのところにこんなにたくさんのひまわりたちです。ちょっと暑さで疲れ気味なお花もありますが、迫力あります。
080822-7.jpg

 迫力とボリュームが伝わらないのが、悲しい・・・
080822-9.jpg

 満開のもつぼみのも、いろんな色のも、、、みんな精一杯咲いてるよ!
080822-8.jpg
080822-10.jpg
080822-11.jpg

 風に吹かれていい気持ち~!
080822-12.jpg

 つぼみも意外と色っぽいかも。
080822-13.jpg

 琵琶湖の対岸の山々がいい感じです。この影のように現れた人にカメラを向けていたときには気づきませんでした。ひまわりの精ではなさそうです。
 実はこのひまわりいっぱいの公園のすぐ脇にはマンションが立ち並び、第一なぎさ公園っていうバス停からもすぐです。お住いの皆さんは毎日このお花を眺めているんですね。
080822-14.jpg

 もののけ姫のでーだらぼっち(?)みたいな雲。
080822-15.jpg

 お花畑脇のいかにも琵琶湖っていう風景です。堤防でしばしのんびり休息しました。
080822-16.jpg
  1. 2008/08/26(火) 21:31:56|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

北斎、冨士を描く!

 滋賀県守山市の佐川美術館で今日まで行われている北斎展、、、いやぁ、何とか間に合いました。無事に行ってきました。
 京都経由で守山駅に到着。そこから佐川美術館行きの西武ライオンズマークのバスで約25分。
バス停を降りると目の前がこの入り口になります。駐車場もなかなか充実している様子でした。
080822-1.jpg

 チケット売り場横のゲートを通るとすぐ目の前がこの風景です。ここの前庭は表の道路からも良く見えます。お散歩しながらこの開けた空間を日々見られるなんてうらやましい感じです。美しい前庭があっても周囲を塀に囲まれた美術館が多い中、この開放感はよかったですねぇ。
080822-2.jpg

 この前の写真をとったところで左側に目をやるとこんな感じです。水の美しさが何よりも際立ちます。
080822-3.jpg

 常設の平山郁夫館を見た後にいよいよ今回の特別展、北斎展です。
 かなりの人手でしたが、美術館スペースの具合や展示方法に工夫があるおかげなのか、ストレスなく楽しむことができました。夏休みで子どもたちが多かったのですが、一部の親子を除いては周りに配慮して絵を楽しんでいる様子があって、十分なマナーも心得ておられて、「親子で美術館っていうのもいいもんだなぁ、、、」なんて思いました。見るのに適した子どもの年代や志向を親がよく判断されているのかもしれません。
 数人の年配の女性グループが絵の前を占拠して、世間話をされていたのにはちょっと困りましたけど。
080822-4.jpg

 ロダン美術館で日本人で初めて個展を開いたという彫刻家佐藤忠良作品を見たあと、楽吉座衛門館と茶室に向かうと中庭が見えてきます。露地にあたるの部分なのでしょうか。お茶のことはよくしらなくて、、、、
080822-5.jpg

 この屋根の下がおそらくお茶室の部分なのでしょうか。
 地下から入っていきます。お茶室は予約制での見学ということでしたので、お茶碗の作品群を見て、お茶室はまたの機会にと思います。
 お作法は何も知らないのですが、建築物として興味があります。
080822-6.jpg
  1. 2008/08/24(日) 13:28:58|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

乗鞍では夏スキーの人たち

冬はスキー場になるこのあたり、、、コスモスが咲き乱れています。
まだまだ満開とは行きませんが、十分に美しいお花畑です。
080807-1 (13)
080807-1 (14)

標高があがるにつれて、木の高さがだんだん低くなっていきます。
火山岩の間にある緑は、遠めにみるとまるで芝生のようですが、実は低く枝を這わせた松なのです。上に伸びられずに横に横に枝を伸ばしています。
080807-1 (15)

ちらほら残雪が見え始めました。
それにしてもいいお天気です。
080807-1 (18)

さらに残雪がしっかりとある場所に出ました。
080807-1 (16)

よくよく見るとそこには夏スキーを楽しむ人たちの姿です。
何の脈絡もなく、マン盆栽を思い出してしまいました。
080807-1 (17)

雪はかなりの厚みです。しっかりと押し固められた雪でした。
080807-1 (19)

雪と高山植物、入道雲、夏の日差し、そしてコスモス。まるで四季が共存しているようです。
080807-1 (20)

高山への帰り道で立ち寄った銚子の滝です。かなり車で近くまで行けます。
ちなみに今は乗鞍スカイラインはマイカー乗り入れ禁止です。バスかタクシーでないと行けない規定になっています。
080807-1 (22)
  1. 2008/08/18(月) 21:47:56|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

乗鞍に出発する前に朝市へ

いよいよ乗鞍へ!
と、その前にまずは朝市へ繰り出しました。
高山市内陣屋前の朝市にお散歩がてら行ってみました。
こんなきれいな朝顔を楽しみながら歩いていきました。
080807-1 (7)

これは中橋です。赤い欄干が印象的です。
080807-1 (8)

全国で唯一残っている高山陣屋ですが、その陣屋前広場で朝市がたっています。
080807-1 (9)

なんとかわいらしいなす。しかも値段もかわいい!トマトは普通サイズのトマトですから、小ささがわかります。
080807-1 (10)

これが陣屋の入り口。中にはお白洲(拷問道具もあって恐怖!)、台所、各お役人や訪問者の控え室、蔵が立ち並んでいます。上下関係をはっきりさせるための仕組みがそこここに。。。
080807-1 (12)
080807-1 (11)
  1. 2008/08/17(日) 22:38:19|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

乗鞍の夏に向けて

夏の乗鞍に行こう!とばかりにまずは高山に入りました。
そして、「まずはおそばだなぁ」ということで、高山駅近くの小舟さんに行きました。
ざるは二段で出てきました。おそばも山菜ごはんもおいしかったです。
お店の雰囲気もばっちり!
080807-1(0).jpg

高山市内循環バスに乗って、宿泊先の方から勧められた飛騨の里へ。
080807-1 (1)

ダム建設で水没することになった合掌づくりの旧家を中心に30軒以上が移築されています。
080807-1 (2)

縁側に座っていると、この暑さの中なのですが、風が気持ちよく吹き通って行きます。
昔、こういう風を感じていたなぁ、こんな縁側に座っていたなぁ、、、、懐かしくて嬉しい気分。
080807-1 (3)
080807-1 (5)

秋の気配も少し混じり始めた空に合掌づくりの屋根が似合います。
明日はいよいよ乗鞍!と期待も高まります。
080807-1 (6)
  1. 2008/08/15(金) 15:11:20|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夜には中華街!

 いやぁ、暑い日が続いていますが、そこそこ元気にしています。
 上野の美術館に行った後に、別件で横浜に行きました。そして、そのまま夜には中華街になだれ込んでみました。
 080802-3.jpg

 そして老舗の聘珍楼で夕食とあいなりました。
 夏のメニューでさっぱりと、しかしパワフルにお食事しました。
080802-4.jpg

 この日の宿泊は何故か都内っていうことで、遅い時間からでしたが、行ってみました六本木ヒルズ。
 あしながグモみたいなオブジェの影が気になってパチリ。でも、ちょっと不気味ですね。
080802-5.jpg

 そして本体がこれです。銀色に見えるのがそのクモの脚の一本です。余計に不気味だったかな。何せカメラのテクニックがないので、こんな感じになっちゃいました。
 周りのベンチには、しっとりと語り合っている人たちがいました。
080802-6.jpg

 六本木ヒルズの52階には展望台があります。25時まで入れる東京シティビューです。有料ですが、楽しめます。さすが東京の夜景です。東京タワーが印象的でした。
080802-7.jpg
 
 カクテルを飲めるコーナーからはこんな夜景です。ノンアルコールカクテルもいろいろありましたよ。(実は私はお酒が飲めないんですが、それでも十分雰囲気を楽しみました)
080802-8.jpg
  1. 2008/08/10(日) 19:37:09|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

国立西洋美術館の前庭には!

東京上野駅近くには国立西洋美術館があります。公園口から出て、道路を渡ってすぐのところです。
今はコロー展が行われています。
前庭には、「地獄の門」があります。
080802-1.jpg

中央上方には考える人の像があります。
何故か右ひじを左ひざについているんですよね。
08082-2.jpg


  1. 2008/08/04(月) 23:42:33|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

プロフィール

miyumiyu1238

Author:miyumiyu1238
キーワードは「ハッピィ」かな。
しあわせ生活を求めて、カメラを片手にうろうろしています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。