しあわせ生活

お散歩の道すがらや旅先で、ふとカメラを向けた小さなお花や何気ない風景、お寺や石仏など、しあわせ生活の種を紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

鎌倉高校前から丸山亭

お寺を出て腰越駅あたり、なんともいい風情の写真館。この丸い窓が好きですねぇ。こういう丸い窓が生まれ育った実家にもありました。懐かしい・・・・・
080515-11.jpg


江ノ島を見ていたら、海岸に下りてみたくなりました。
080515-13.jpg


8年位前まで三年半くらい鎌倉に住んでいたのですが、その間には一度しか波打ち際におりる機会がありませんでした。波打ち際に下りるのは2回目です。やったぁ!
080515-12.jpg


寄せる波、引いていく波、どっちも美しいです。
080515-14.jpg


その前にある鎌倉高校前駅です。
080515-15.jpg

080515-5.jpg

080515-16.jpg


江ノ電で鎌倉駅に到着!
080515-17.jpg


8年くらい前に何度か行っていたお気に入りのフレンチのお店。
ベテランギャルソンさんと相談しながら、おいしいソースでスズキをいただきました。
080515-8.jpg
スポンサーサイト
  1. 2008/05/26(月) 21:22:49|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

江ノ島から少し歩いてお寺へ

江ノ島駅から少し歩くと江ノ電の電車どおりに出ます。
そこから徒歩三分くらいで瀧口寺に着きます。
境内の看板にはなんと「神奈川県下唯一の五重塔」とあります。なんと!唯一とは!
080515-3.jpg


精巧な木彫りが印象的です。
山門にも物語性のありそうな彫刻がたくさんみられます。
080515-2.jpg


こんな緑に囲まれた道を登ってくると五重塔に行き着きます。
080515-4.jpg


塔の周囲にはあまり空きスペースがなくって、間近に迫ってくる感じです。
080515-6.jpg


正面に回りこんでみるとこんな感じです。
080515-7.jpg
  1. 2008/05/25(日) 16:45:53|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

クラシック江ノ電!

こんな江ノ電も走っています。この区間は路面電車の雰囲気です。
080515-1.jpg
  1. 2008/05/25(日) 00:03:46|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

いよいよ江の島!

ピンボケですみません、、、、それはさておき、いよいよ江の島です。
080513-7.jpg


メインストリートを進んでいくとこんな門に出会います。その門の左脇にエスカーという江の島内を海側まで進む乗り物(乗っていなくて詳細がわからないのですが、、、)の乗り場があります。それを横目にみながら右脇の道を進んでいきます。
080513-8.jpg


その道すがら枝の間から相模湾の奥、湘南海岸が見えます。
080513-10.jpg


今回は、見晴亭(みはらしてい)というお食事どころが目的地です。その手前にまるでタトゥーを入れたかのような(不適当な発言でないことを祈ります)鳥居がありました。
080513-11.jpg


もう少しで岩屋というところに見晴亭があります。石段の坂の途中にあります。
080513-12.jpg


今が旬の「しらす丼」です。これがまたおいしいんです。
080513-13.jpg


お店の中にはこんな魚拓があります。このお店を出てすぐのところの岩場で釣れるそうです。
080513-14.jpg


この岩場に立って釣り糸を垂れるらしいです。
080513-15.jpg


あいにくのお天気でしたが、是非また来たい江の島です。次は海水浴シーズンが過ぎて少し静かになった頃がいいかもしれません。
  1. 2008/05/21(水) 21:35:13|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

鎌倉 大船駅から湘南江の島駅へ

JR大船駅を出てすぐのところに湘南モノレール大船駅があります。大阪のモノレールと違ってぶら下がる感じのモノレールです。ゆれ方が違いますね。なんと8年前と料金が変わってなくてびっくり!これは無人駅の富士見町駅の券売機です。富士見町からは小さくですが、富士山が見える日があります。
080513-1.jpg


鎌倉の道は狭いのですが、その道の上にモノレールが走っている感じです。
080513-2.jpg


車内はこんな感じ。何だかかわいらしい感じです。
車両間は乗客は行き来できません。
080513-3.jpg


終点の湘南江の島駅です。
ここまで来たのは久しぶりです。
080513-4.jpg


江の島方向にちょっと歩くと江ノ電の江の島駅が見えてきます。ここを通り過ぎて、この日は江の島に向かいました。
080513-5.jpg


これがスタンダードタイプの江ノ電の車両です。
8月の花火のときに乗ろうとしたら、満員でスルーしたことがありました。それ以外では満員になったのを見たことがない、のんびりとした電車です。
080513-6.jpg
  1. 2008/05/20(火) 13:44:43|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

電車の中で・・・・

 旅の途中、在来線の電車内での出来事。
 つり革が三分の二くらい埋まっているかなというくらいの混み具合の昼間の電車で、車両のつなぎ目に近いところに乗りました。するとそこには、1歳くらいの赤ちゃんを抱っこしたお母さんが立っていました。その前の座席には三人の女性が座っていました。三人とも眼を閉じていました。端っこの女性は手すり側にもたれかかるようにじぃっと寝込んでいる様子。真ん中の女性は隣にもたれかかったり前にがくんとなったり、かなり疲れている様子。赤ちゃんを抱っこした女性のまん前の女性は静かに眼を閉じていました。
 「起してまで席を譲れとはいいにくいなぁ、、、誰かが眼を覚ましたら言って見ようかなぁ、、、」と思いながら三人を見比べていました。しばらくすると静かに眼を閉じていた女性がふと眼を開けました。でも、眠そうですぐにまた眼を閉じてしまいました。「タイミングが難しいなぁ、、、」と思いながら様子を見ていました。
 しばらくすると再び眼を開けました。そして、携帯電話を取り出して触り始めました。お母さんや赤ちゃんには眼をやりません。だんだん腹が立ってきました。席を譲ろうとしない女性に対して、そしてそれを言えない自分自身に対して、いらいらしながら情けなく、その女性をじっと見るのが精一杯でした。「あぁ、、、自己嫌悪」
 4つくらい駅を過ぎて赤ちゃんを抱いたお母さんが降りる準備を始めました。そして降り際に座っている女性にこういったのです。
 「先ほどはありがとうございました」
 「いいえ、、、、お気をつけて」

 「そうか、、、、」
 私は誤解していました。たぶん、座っていた女性は席を譲ろうとしていたのでしょう。でも、お母さんが座ると赤ちゃんがぐずってしまうような子だったとか、何かの理由でお母さんは立っている方が都合がよかったのでしょう。

 んん、世の中同じ様に見えて、経緯でこんなに違ってしまうものなのですね。
  1. 2008/05/19(月) 23:05:06|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

国立新美術館でモディリアーニ

久しぶりに上京していました。
六本木アートトライアングルの一つ、国立新美術館に行きました。この日はちょっと雨模様。そして最高気温14~5度という寒さでした。
移転したサントリー美術館のある東京ミッドタウンから歩いて5分くらいで国立新美術館に到着します。
080512-2.jpg


ぐっと近づくとこんな感じです。この曲線が美しいですね。
080512-3.jpg


モディリアーニの「成り立ち」を追いかけたような展示でした。実は、アーモンド型の無表情な感じの眼は、これまであまり積極的に好きという感じではありませんでした。でも、何かその先入観を変えてくれるものがあるのではないかなぁという期待もあって行ってみました。うまく言い表せないのですが、絵の前に立っていると、やはりただならぬ感じが迫ってくるのです。
080512-1.jpg
  1. 2008/05/19(月) 19:03:56|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ちょっと写真がアップできなくなっていますが、、、、

 写真がアップできない状況で、し~んとしたブログになっています。でも、ここのところの急な冷え込みにもめげず、ぼちぼちやっています。明日は少しは寒さが和らぎそうですね。
 今日は万歩計を買いました。シンプルなカウントボタンとリセットボタンのみのタイプです。夕方四時くらいにつけてみたところ、そこから今まで約4900歩、、、初日としてはまぁまぁかなと思います。 
 やっぱり歩くことは元気のみなもと。かの松尾芭蕉もがんがん歩いていたとか。
  1. 2008/05/15(木) 02:38:06|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ちょっと気温が下がっていますね

ぐぐぐっと暑くなったと思ったら、少し涼しくなっています。
こんなとき、急に風邪気味になったり、咳がこんこん出てみたり、とかく体調を崩しやすいものです。とくに基本的に過労だったり、おなかを出して眠り込んでしまったり、そんなときに風邪菌が入りこんでくるのかも。

時には、こんな場所で大きく深呼吸すると、身体にパワーがみなぎってくるように思います。
IMGP0079.jpg
  1. 2008/05/09(金) 22:23:07|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

當麻寺で藤と茶粥 そしてすばらしいお庭

当麻寺内の宗に院で藤と茶粥、そして素朴な山野草が多くて、しっとりと落ち着けるお庭を楽しみました。門の脇には1メートルを越えようかという藤の花が満開でした。
080505-1.jpg


門を入るといきなり鮮やかなつつじが目に飛び込んできます。
080505-2.jpg


こんなにも迫力あったんですね、藤って。
080505-3.jpg


白鳳時代に創建され、奈良時代の国宝・三重塔を東西二基とも残す全国唯一の寺である当麻寺、その塔の美しさ、重厚感もひときわです。
080505-4.jpg


野草も多くみられるさりげない美しさが心休まるお庭です。
080505-6.jpg


ぶれてしまったのが哀しいです。めずらしい黄色の椿です。
080505-9.jpg


葉っぱの真ん中に小さな花をつける「はないかだ」です。
愛らしい小さな花です。
080505-7.jpg


彩り鮮やか、季節感たっぷりの茶粥のお膳です。
お箸袋は住職さんの手書きです。このお膳以外に、フルーツと和菓子、抹茶がつきます。
080505-5.jpg



080505-8.jpg
080505-10.jpg
  1. 2008/05/06(火) 09:31:08|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

行ってきました盆藤展

 国際奈良学セミナーハウスで5日まで盆藤展が行われています。奈良県庁近くです。すばらしいよ!という情報で早速出かけました。
080501-1.jpg

080501-9.jpg


 藤といえば藤棚っていうイメージを一気に変えてくれる迫力でした。盆栽づくりの藤ということなのですが、お花が間近に見られます。その香りが息苦しいくらいです。多くが30年もの、50年ものという年代物でした。
080501-8.jpg

080501-6.jpg

080501-2.jpg


 障子越しのやわらかい光の中で鑑賞できます。うす曇の昨日でしたので、ちょっと写真に撮るには辛い感じでした。
080501-5.jpg

080501-4.jpg


 小さめの盆藤をすっきりと床の間にしつらえた感じもいいですねぇ。
080501-3.jpg


 近鉄奈良駅までの道すがら、興福寺の境内を通ります。
080501-10.jpg


 和んでいる鹿に出会います。海外向けのパンフレットにDEER PARK(鹿公園)と書かれる所以です。
080501-11.jpg


 こんな奈良ならではの標識もありますよ。
080427-12.jpg
  1. 2008/05/02(金) 09:44:01|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

プロフィール

miyumiyu1238

Author:miyumiyu1238
キーワードは「ハッピィ」かな。
しあわせ生活を求めて、カメラを片手にうろうろしています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。