しあわせ生活

お散歩の道すがらや旅先で、ふとカメラを向けた小さなお花や何気ない風景、お寺や石仏など、しあわせ生活の種を紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ときにはこんなところにもしあわせの種が。。。

心斎橋筋を歩いて、かに道楽のすぐ近く、観光客、とくに海外からの旅行者らしき人たちがこのネオンをバックにいろんなポーズで写真を撮っていました。
ここにもちょっとしたしあわせの種があったりします。

RIMG0030.jpg
スポンサーサイト
  1. 2008/02/26(火) 21:45:42|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

京都文化博物館

 京都の地下鉄烏丸御池駅から歩いて約5分のところにあります。建物そのものが鑑賞にあたいする美しい博物館です。
 レンガの色も美しく、京阪のポスターにも使われています。
RIMG0022.jpg


 この小さな白い丸い街頭がみなしごハッチの触覚に見えるのは私だけ?

RIMG0020_20080224214354.jpg


川端康成と東山魁夷の交流についての展覧会が行われていました。年代の差がかなりあって、東山魁夷にとっては、川端康成は雲の上の存在だったのかもしれません。川端康成の書を屏風にしたてて、その裏面に自ら絵を描いて川端康成に贈った東山魁夷。画家のそばにいて画家を支える存在をコンフィダントというそうですが、二人の濃密な交流の様子から、まるで互いが互いのコンフィダントだったように感じられました。

RIMG0021.jpg


 そこから三条通りを進んでいくとこんな建物もありました。一回はショップになっています。

RIMG0027.jpg
  1. 2008/02/25(月) 15:00:28|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アサヒビール大山崎山荘美術館

京都駅からJRで10数分で山崎駅に着きます。そこから徒歩12~3分(ちょっと坂道をがんばらなくてはならないですが、、、)のところにある、アサヒビール大山崎山荘美術館で2月24日まで柚木沙弥郎さんの染めの展覧会が行われていました。

JRの踏み切り近くにはこんな看板があります。「天王山」そうですかぁ、、、それで坂道がすごいの???
RIMG0002.jpg


その道すがら、坂道をがんばっているとこんな竹林が現れます。
RIMG0004_20080224214238.jpg


坂を登りきったところにこんな隧道が現れます。
RIMG0005.jpg


これが美術館となっている山荘です。
http://www.asahibeer-oyamazaki.com/
RIMG0009.jpg

RIMG0012_20080224214328.jpg


なんとその前庭から隣の宝積寺の三重塔が見えます。
RIMG0008_20080224214304.jpg


柚木さんの作品を堪能しました。型染めが中心の作品展でしたが、山荘の雰囲気とぴったりでした。街が一望できるテラスでのお茶もこれから暖かくなるとお勧めです。

山崎駅を挟んで反対方向にはサントリー山崎蒸留所、美術館があります。こちらもいいですよ。以前にタンブラーを買ったのですが、お酒も飲まない癖に、どうして一個しか買わなかったのか後悔するくらいお気に入りです。今度また是非行って、追加購入したいところです。
  1. 2008/02/24(日) 21:51:23|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

奈良市写真美術館

 なんと、この期間、屋根の漏水工事中のため全館無料!!!お勧めです。
 斑鳩の法隆寺、法起寺を中心とした作品群で、奈良をあらためてしみじみ感じられる写真展でした。入江泰吉さん、すばらしいです!
 途中、ものすごいパワーでしゃべり続ける約10名くらいの一団が現れて、会場は騒然となりました。小学校の休憩時間なみの騒がしさです。しかし、最近の私はこんなことでは動じなくなっているのです。ここのところ連続して美術館に行くうち、イヤホンガイドを借りるか、それがない会場ではiPodを使うようになっています。雰囲気にあった曲を選んでBGM付きで絵や写真を見ていると、また違った世界が見えてくる気がするし、こういうパワフルな人たちが気にならなくなるんですよ。
 以前、お気に入りの日本画の美術館で、あまりの作品の迫力に圧倒されてほとんど涙ぐみそうになっていたところに、突然の声が聞こえてきました。「ここにはおしゃべりしに来てるんですか?絵を見に来ているんですか?」男性の声でした。ソファに座った二人の女性が驚いたように黙り込んでいました。私は絵に惹き込まれるあまり、彼女たちのおしゃべりに気づいてさえいなかったのです。
 正直言って、ここまで惹き込まれる展覧会はそう多くはありません。やはり話し声は気になるものです。あまりの話の内容に唖然とすることもあるのに、絵を見る速度というのは何故かシンクロしてしまってその話声から逃れられない感じに陥ることもあって、、、、そのときにはiPodありがとう!という気持ちになります。もちろん、音モレはご法度ですが。

RIMG0004_20080222215224.jpg


今日は、いただき物のCDがお供でした。
うたサンシンの響き、ジャズのスィングを思わせる「っは、っは、っは!」ていう裏うちの合いの手(?)沖縄の空気が満載の音色がなんと斑鳩の写真展に合うとは、驚きです。
RIMG0003_20080222215202.jpg
  1. 2008/02/22(金) 21:52:40|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ちょっとした芽吹きが気になりますね

富本憲吉記念館に行ってみました。奈良、東京、京都と住いを変えながら作陶を続けた方ですが、意匠が印象的です。
旧宅を改装した建物を中心に蔵が展示室になっていました。
作画のモチーフには、羊歯やかずらだけでなく、梅もありました。

街中でみかけた小さな花、小さな芽吹きが春の気配を伝えています。

IMGP0103.jpg
  1. 2008/02/21(木) 22:28:53|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

やわらかく・・・・

いろいろと思いながら日々は過ぎていくのですが、何だか「しなやかに」とか「ふわりと」とか「ほんのりと」とか「さらりと」なんていう言葉が気になります。
もしかしてこの柳のように居られたら、そんな風に日々を過ごせるのかもしれません。実はそれが一番タフなのかもしれません。
IMGP0102.jpg
  1. 2008/02/20(水) 21:12:19|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

梅の季節

いよいよ梅の季節になってきました。有名な梅林や盆梅が目白押しですが、もっと気軽に立ち寄れるお勧めの場所は近鉄学園前駅近くの大和文華館です。2月1日から梅の名所キャンペーン(正式にはそういう名前ではないみたいですが、入場券2割引券つきのパンフレットが駅構内に置かれています。600円から2割引の480円になります。)が始まっています。ということで、そろそろ咲きそろっているのかもと思ってでかけました。IMGP2128.jpg


しかし、まだまだこれからっていう感じでした。来週の週末あたりはぼちぼちよい季節かもしれません。でも、いろんな種類のある文華館のこと、咲きそろい始めている木もありましたよ。七福神の梅という接木されて一つの木に7種類の花が咲く木もあります。その中の一種類だけが3~4分咲きになっていました。
IMGP2091.jpg


梅の花の色も本当にさまざまです。
こんな濃い桃色の花もあります。
IMGP2137.jpg


この季節、梅の枝の足もとには寒アヤメもきれいに咲いています。この美しい紫色には見ほれてしまいます。
IMGP2115.jpg


この時期、花鳥画の公募展の展覧会が行われています。姉妹美術館である松柏美術館がメイン会場ですが、この大和文華館の敷地に移築された奈良ホテルの本館の一部も会場になっています。その入り口にはめ込まれている和風のステンドグラスがこれです。
IMGP2133.jpg


ちなみにNHK金曜日の夜10時から放映されている美の壺(谷啓さんが案内役)の来週のテーマは和のステンドグラス。美しい鳩山会館(予告編でチラッと見えて確かそうだったような感じだったのですが)の階段踊り場のステンドグラスも見られそうです。楽しみです。
  1. 2008/02/17(日) 23:16:40|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

潜水服は蝶の夢を見る

勢いで行ってきました「潜水服・・・」。ロックト・イン・シンドロームの主人公の一人称の視線で始まる映画でした。フランス映画の香そのものという印象でした。感涙でも号泣でも熱い涙でもない、しずかな感じの後味の苦しくない涙が似合う映画だなぁと思いました。もう少し時間が長くてもいいなら、長くてもいいような気もしました。
 
こんな蝶ではないかもしれないけど、、、、
IMGP1430.jpg
  1. 2008/02/17(日) 01:00:19|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夕日の輝きは・・・

ここのところ映画モードになっています。長い間、映画を見ることはありませんでした。そういった環境になかったということと、SFX、アクション、戦争、どっぷりの恋愛、青春、思いっきりのコメディーが苦手、、、、ってことはすごく守備範囲が狭いってことになります。でも、そんな中、「潜水服は蝶の夢を見る」が気になっています。明日から公開なのですが、合間を縫って何とか見てみたいと思っています。

夕日の輝き、月の影、空を見るとそこにもドラマがあったりして、、、、
IMGP1339.jpg
  1. 2008/02/15(金) 22:24:10|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

歓喜の歌♪

なんと!歓喜の歌も観てしまいました。たらたら、ほっこり、なごなご、うるる、にこにこな感じです。こういう味わいが大好きです。ベートーベン第九 合唱付き 最後に歌われるこの合唱部分は、私にとっては青春の思い出でもあり、余計に余計な思いも広がりました。
あ、そうそう、平澤由美さんの歌声、圧巻でしたよ。
  1. 2008/02/14(木) 23:06:31|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

チーム・バチスタの栄光

観てきました。不思議な感覚になりました。竹内結子さんの空気感がやっぱり好きです。
  1. 2008/02/13(水) 20:16:26|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

春日大社を散策

奈良市高畑に車を停めて、ぷらぷらと高畑茶論~志賀直哉旧居方向へ歩いていくと、

IMGP2052.jpg
IMGP2050.jpg


「こちらが春日大社」という表示が見えてきます。矢印に従っていくと、唐突に、苔むした木々、美しい木漏れ日、石畳の下の禰宜道(ねぎみち)に自然と入っていきます。

IMGP2069.jpg


IMGP2060.jpg


「こちら本殿」という文字が見えるとぼちぼちと鹿たちの姿が見え始めました。その中の一頭です。何だか今にも話をしそうです。。。。ドラマの見過ぎかもしれませんが、何だか風情のある鹿でした。
IMGP2066.jpg


こんな風にひっそりとしずかに過ごしている鹿もいます。
IMGP2074.jpg


そしてメインの門が現れました。
IMGP2076.jpg


おみくじは末吉。。。失せ物は現れ難し、、、現れないってわけじゃないからいいのかなぁ。。。
鹿みくじという小さな木彫りの鹿がおみくじを加えているのには、日本語と英語と2バージョンありました。一体500円でした。もちろん、通常のおみくじもあります。
  1. 2008/02/11(月) 21:31:46|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

朱雀門

 奈良を舞台にしたドラマが放映されています。通学路の風景に使われている朱雀門前、、、平城京址にすっくと建っているこの門。昼間はこの扉が開けられて、通り過ぎる近鉄電車が見えます。その向こうには、現在再建中の太極殿の工事用の巨大なプレハブ状の建物が見えます。
 昼間ならボランティアの解説をしてくださる方がいらっしゃいます。「いやぁ、、、ね。あの、奈良ってあんまり建物とか上物が残ってないでしょ?これって、平安京を作るときに、こんこ~んって奈良の都の建築物を分解して、京都に運んで建てたりしたせいらしいんです。そういう痕が京都のお寺の柱とか建築資材から見つかっています。つまり、引越したわけなんで、それであんまり上物が残っていないってことになったわけです。」って、何だか「この前、そういう感じで引っ越したの見てたしね~」っていう雰囲気でおっしゃいます。これって奈良の人に特有の感覚かなぁって思います。
 あるテレビタレントの方の話です。奈良のタクシー運転手さんが言ってたらしいです。「ここは、壬申の乱あったとこですわ」って、数年前のことみたいに。それを思い出しました。

IMGP0079.jpg
  1. 2008/02/10(日) 01:12:55|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ザビエル聖堂

同じ山口市内にあるザビエル聖堂です。鳴り響く鐘の音が街の雰囲気を高めてくれます。

IMGP1168.jpg
  1. 2008/02/07(木) 22:45:17|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

中原中也記念館ふたたび

記念館の入り口のプレートです。この石の色がなんともいえません。あぁ、また行きたくなってきた!
IMGP1159.jpg
  1. 2008/02/07(木) 22:44:03|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ゆあ~ん ゆよ~ん ゆやゆよん 

中原中也詩集のお風呂用というのが出ているんですよ。濡れても大丈夫っていうことみたいです。この冬の冷え込みの中、湯船でのんびりしながら、詩集を紐解いてみるのもいいかもしれません。
この写真は、山口の中原中也記念館のエントランスにあるプレートです。また是非再訪してみたい、建物のしつらえそのものも素敵な記念館です。中也が愛用していたソフト帽の復刻版も販売されていました。

IMGP1161.jpg
  1. 2008/02/05(火) 20:19:17|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

お引越し・・・

ちょっと前まで別のところで写真をアップしていました。
http://www.flickr.com/photos/21190117@N02/
もし、よかったらこちらもどうぞ
  1. 2008/02/03(日) 23:35:07|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

奈良~東京日帰り旅

 いやぁ、、帰り着きました。
 今日は、奈良~東京日帰り旅をしてきました。往復7時間半、現地6時間というぎゅっと詰まった旅でした。時間帯がよかったのか、意外に新幹線はすいていて、隣にゆったりと荷物を置いて、音楽を聴いたり、うたたねしたり、雲に半分隠れた富士山を見たり、、、それはそれでちょっと楽しかったりします。
 ふと、恐ろしいスピードで座った状態で移動していく自分の姿を空からみているとしたら、、、などと考えていると不思議な気分になります。
RIMG0020.jpg
  1. 2008/02/02(土) 23:58:58|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

プロフィール

miyumiyu1238

Author:miyumiyu1238
キーワードは「ハッピィ」かな。
しあわせ生活を求めて、カメラを片手にうろうろしています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。